税務会計の出版社

NEWS

12/6/13
書籍「社労士が見つけた!(本当は怖い)採用・労働契約の失敗事例55」6/13発売しました。
12/3/28
書籍「社労士が見つけた(本当は怖い)解雇・退職・休職実務の失敗事例55」3/28発売しました。
11/12/21
書籍「税理士が見つけた!(本当は怖い)事業承継の失敗事例33」12/21発売しました。
11/11/2
書籍「税理士が見つけた!(本当は怖い)飲食業経理の失敗事例55」11/2発売しました。
11/5/11
書籍「公認会計士が見つけた!(本当は怖い)グループ法人税務の失敗事例55」発売しました。

TOHO税務会計メルマガ

cover    
   
版画の歴史   版画の歴史
   
contents お買い求めはコチラ

09戦争と平和

戦争と平和

 一五四六年パリのモベール広場では八月の空に炎々と火が燃え、出版者エチェンヌ・ドレは絞首ののち多くの著書や刊行書ともども猛火のなかに投げこまれた。一人の僧も立ちあわず、死刑執行人が「罪をみとめよ、もし神をけがす言葉を出したら舌をぬくぞ」というと、最も勇敢な新教徒として旧教勢力に抗した出版者・ヒューマニスト、そしてラブレエの友のドレは、しいられるままいつたそうです。「神よ、わが罪をゆるしたまえ、集つている人たちよ、私の書物はくれぐれも注意して読まれよ」と。も一人の新教印刷家ロベール・エチェンヌもおもひろにフランス脱出の準備を進めていました。十五世紀から十六世紀にかけての印刷の名家エチェンヌ家のこの二代目は、頑迷なカトリック信者の弟シャルルに「よい印刷家になれない、家族中で最も悪い性質の持ち主」との言葉をなげて、一五五一年にはジュネーヴに亡命します。
 カルヴィン派を信じる印刷家クリストファ・プランタンが一五四八年アントワープにのがれたのも、まさにこうしたフランスからでした。しかもプランタンは、ドレやエチェンヌとちがつて、十六世紀のアントワープで十六世紀のアントワープで偉大な印刷家の名をのこす。そこにフランドルの歴史の舞台も見られるわけですが、彼もやはりフランス生れ(一五二〇年トゥール附近)で、もしドレを焼きエチェンヌを追つた一五四五年の徹底的な出版禁圧令がなかつたと仮定したら、十六世紀フランスの印刷の栄光をついだことでしよう。
 新航路と新世界の発見は、ねねねねねンドに大きくひびいていました。ブリュージュの中世・ギルド的空気はいまや急速に起つた国際通商貿易転換の新情勢には適合しない。アントワープは他の都市のどこよりも早くこれをさとつて、大国際貿易の発達に有利な条件をその域内に置くようにつとめ、各国の商人を一様によく保護し、外国人が市民権やギルド加入権を容易に得られるようにしました。プランタンの求めたのはこの自由な商業都市アントワープなのです。
 カルヴィンの教義に心かよわす印刷家だつたにしろ、何よりもプランタンは企業心に富む出版業者だつた。かのエチェンヌ・ドレが自己の信念をふりかざして勇敢に戦つた結果は旧・新二つの側から孤立し、宗教の不寛容のうちにみじめな最後をとげたことを知つていました。彼はすぐ開業したかつたのですが、アントワープにはすでに多くの印刷業者があつまり、書籍や地図は、紙や地球儀と並んでこの市の重要な輸出品でした。これに肩をならべるにはかんたんではない。そこでトリイやグロリエを誇るフランス製本技術、またこれも関連あるこの地方の有力な貿易商品の宝石のケース装飾といつた仕事からはじめ、かたわら各出版所が出す本の販売でおもむろに状勢のくるのを待ちました。
 意外な事件がその転機を早めたのです。フェリペ二世の秘書から王に贈る宝石函装飾の注文をうけ、とどける途中で、酔つぱらいの一群にかこまれて、瀕死の重傷をうけます。じつはこの一群がうらんでいた音楽家とまちがえたのだから、夜暗のうちにも人ちがいとさとつた彼らは逃げ去つてしよう。のこされたプランタンこそとんだ災難で、ようやく命はとりとめたものの函のかざりや製本の道具を全く手にとることもできなくなつた。カーンの印刷家で製本技術の先生でもあつたロベール・マッセのもとをはなれてパリに独立しようとした一五四五年、その召使ジャンヌ・リヴィエ-ルと結婚していたし、長女マルグリートはすでにアントワープに移る前に生れていました。彼は背水の陣をしくほかはなかつたのです。
 一五五五年、おそらくどこかの印刷所をかりて彼ははじめて小さな十六折の本を二冊出します。「貴族の娘の聖餐式」と題した宗教儀礼の本をイタリア語とフランス語で、つまり国内印刷・出版者との競争の危険なしに発行したのです。数年間はイタリア語やイスパニア語のものがつづいた。しかもプランタンはがんばりつづけ、その地元フランドル語の出版もしだいに彼の手からふえていつたし、大型本の企画も可能となつていつた。こうした創業期の苦労を、彼なりに良心的に、組版や印刷効果また当然造本のよさに育てていつたこたところに、やがてネルランドの支配者にも注目される理由もあつたのです。一五五七年には当時のアントワープの、したがって十六世紀ネーデルランド印刷・出版者、製本家、飾画家の集中したカメルシュトラートに自身の工房を設けることになりました。   フェリペ二世の政府がその政策でいつも考えたのはイスパニア支配階級の利益でした。自由貿易主義に傾いていた父カルロスー世に反して、フェリペ二世は高い関税と外国商品の輸入禁止でイスパニアを外国の競争から保護しようと努めた。属領ネーデルランドの経済的発展は、貿易や海運、そして外国人の滞在にきわめて頼つていたし、その外国人にはカトリック側のいう異教徒か多かつたのも当然のことでした。狂信的なカトリック信者で専制主義者だつたフェリペ二世は白国の世界政策の利益から、残酷にも属領資本家の利益を破壊し、勤労大衆を貧困におとし入れていきます。  ネーデルランドでは利子を許し、商業を神に捧げた職業と宣言するカルヴィン主義が商工業者の順に急速に拡つていました。封建的支配階級が自己の武器としてつかう一切の外的権威、身分制度や宗教的祝典や宗教裁判を否定するカルヴィンの教を通じて商人や企業家たちは労賃の問題から宗教上の問題へと手工業者の注意をそらすことができ、都市の資本家たちは説教者を後援してネーデルランドのいたるところを歩きまわらせ、宗教を自己のパトロンにしていた農村の手工業者を自分に従属させた。こうして社会的不満は宗教上の闘争という形となつてあらわれ、そこにカトリックのイスパニアに対すろ広汎な統一戦線が形成されていきました。
・・・

仕事の失敗DB 仕事の失敗DB
古典語典古典語典
シニアビジネスは男がつくるシニアビジネスは男がつくる
「公認会計士・税理士」は資格をとってからが勝負!「公認会計士・税理士」は資格をとってからが勝負!
税理士、そしてコンサルタントとしての生き方税理士、そしてコンサルタントとしての生き方
江戸歌舞伎と広告江戸歌舞伎と広告
久里浜『アルコール病棟』より臨床三〇年の知恵久里浜『アルコール病棟』より臨床三〇年の知恵
大ノーベル傳大ノーベル傳
税務調査に強い税理士ご紹介税務調査に強い税理士ご紹介
TOHO医療に強い税理士紹介センターTOHO医療に強い税理士紹介センター
東峰書房ショッピングサイト東峰書房ショッピングサイト
同族会社のための税務調査同族会社のための税務調査
西洋古典語典西洋古典語典
東京の季節東京の季節
ヨーロッパの旅ヨーロッパの旅
アルコール依存症はクリニックで回復する高田馬場クリニックの実践アルコール依存症はクリニックで回復する高田馬場クリニックの実践
かしこい医療経営のための税務調査対策Q&Aかしこい医療経営のための税務調査対策Q&A
よくわかる医院の開業と経営Q&Aよくわかる医院の開業と経営Q&A
クリニックの新規開業を成功させるプロセスとポイントクリニックの新規開業を成功させるプロセスとポイント
IFRSが世界基準になる理由IFRSが世界基準になる理由
2011年中小企業の税務・会計を展望する~IFRSはどこまで中小企業に関わるか~2011年中小企業の税務・会計を展望する~IFRSはどこまで中小企業に関わるか~
現代風俗帳現代風俗帳
私のアルコール依存症の記ある医師の告白私のアルコール依存症の記ある医師の告白
同族会社のための生命保険同族会社のための生命保険
「税金経営」の時代「税金経営」の時代
江戸の物売江戸の物売
江戸の看板江戸の看板
信州の石仏信州の石仏
山麓雑記山麓雑記
TOHO税務会計メルマガのご案内TOHO税務会計メルマガのご案内
女性とアルコール依存症体験談にみる症状と回復女性とアルコール依存症体験談にみる症状と回復
版画の歴史版画の歴史
「断酒生活」のすすめあなたも酒がやめられる《ドキュメンタリー》「断酒生活」のすすめあなたも酒がやめられる《ドキュメンタリー》
金融マン必携!相続税実践アドバイス金融マン必携!相続税実践アドバイス
描きかけの油絵描きかけの油絵
いま、日本にある危機いま、日本にある危機
「キリストの聖遺物」の謎―どこに消え、誰が秘匿しているのか?「キリストの聖遺物」の謎―どこに消え、誰が秘匿しているのか?
長生きの国を行く長生きの国を行く
阿蘭陀まんざい阿蘭陀まんざい
経営ノート経営ノート
中堅中小企業のための「日本版SOX法」活用術中堅中小企業のための「日本版SOX法」活用術
グループ法人税務の失敗事例55グループ法人税務の失敗事例55
バンクーバー朝日バンクーバー朝日